大韓航空乗務員との交流 by KAL倶楽部
大韓航空、副機長の金世換(キム セイワン)氏が空港ホテルに宿泊した際に、お土産を買いに近くのお茶屋さんに寄ったところ大坪徹氏(西郷どん交流館)と出会い、彼の国際交流やからいも交流などの活動を知り、たまたま居合わせた長野氏、通訳のために呼び出された村田氏と意気投合し家族同様の付き合いが始まった。その後鹿児島−ソウル線の機長達にも次々と紹介され、黒木商工会長が渡韓の際には自宅に泊めて頂いたり、溝辺町の子供達が「日韓友好の翼」で韓国に行った際にはコクピットを見せて頂いたりと、交流の輪が広まりました。
2000年の交流
          KAL倶楽部 メンバー紹介 
      黒 木 公 博   溝辺町商工会長
      木佐木 俊 春  木佐木建築設計事務所
会場係 藤 谷 文 孝   照明寺 住職
      大 坪  徹     大坪茶舗
事務局 村 田 圭 一   溝辺町役場
送迎係 東 郷 誠 吾   溝辺町役場
      長 野 武 弘   溝辺町町議
代 表  山 口 紀 史   山口農園機工
リンク
みぞべ西郷どん交流館
最新の交流 04.1.28
最近の話題
韓国訪問 2001年1月17日よりKAL倶楽部のメンバー9名で韓国旅行をしました
経費は旅費+実費で宿や交通、観光の手配は金さんをはじめ交流のある韓国人の方達がすべて段取りをして下さり金副機長さんと朴ソニーは4日間休みを取って私たちに同行してくれました。ありがたい事です。
韓国訪問’02 2002年2月16日より5日間韓国を訪問しました。
金副機長と朴宣姫が2日間案内をしてくれました。
大韓航空の職員や乗務員、私たちと交流のある韓国人などが盛大にもてなしてくれました。最後は前回に引き続き風流会の方々の演奏を楽しみました。
金世換氏と大坪徹氏
家族同様の付き合い
右はパーサーの孫氏
KAL倶楽部で唯一英語が話せる村田圭一氏、制服姿の金氏、彼らが居なければこの交流は始まらなかった 日本茶を注ぐ様子を興味深そうに見つめるスチュワーデスの面々 説明をする金氏も力が入る。
2002年最近の交流
2月2日 3月13日 6月19日

過去の交流 2000年  2001年